今年のそら豆も順調です!

pb10504002.jpg

力強く育ってくれたそら豆。

今年は打越一寸と緑陵西一寸の2品種を植えつけました。

種まきから20日位で、本葉が2枚程度展葉した苗に成長します。

これぐらいに成長した苗が定植するのにちょうどいいです(定植作業は昨日行いました)。

それでは種まきの様子について紹介しましょう

種まきをしたのは、先月末の10月22日。

まずは、成分調整を済ませた圃場に、幅120cm程度の畝を作ります。

pa224885.jpg

この畝に、お歯黒の部分を下にして、そら豆の種を植え付けていきます。

pa224883.jpg

15cm間隔の列に、7~8cm間を空けて種を植え付けていきます。

種を土の中にあまりふかく埋め込まないように注意します。種子の先端がちょっとでるぐらいがちょうどいいです。

pa224884.jpg

種をまき終わったら、乾燥を防止するために全面をもみ殻で覆います。

pa224886.jpg

次に、カラス除け対策のために、苗床の周りをテグスで囲います。この作業はとても重要です。テグスをしていないと、芽が出たばかりの苗をほとんど抜かれてしまうことがあります。

pa224888.jpg

最後に、たっぷり水をかけて種まき作業は終了です。

最初の3日間程は土が乾かないように注意して、たっぷり水を与えます。

pb10502701.jpg

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved