マヤランの花が咲きました

P7030453160703_151613 (2)

モミが優占する林の林床で花を開く、シュンラン属のランの1種、マヤラン(Cymbidium macrorhizon)。

東洋蘭のシンビジウムの仲間といった方が、わかりやすいかもしれませんね。

一見すると普通の植物のようですが、よくみると葉がありません。このマヤランは、植物なのに自分で光合成をすることをやめてしまい、土の中にいる菌類(外生菌根菌)から有機物を得て生活しているという、面白い生態があることが知られています。

外生菌根菌は樹木と共生関係を結び、上層の樹木から有機物の供給を受けていることから、マヤランは、外生菌根菌を通じて、上層の樹木と有機的なネットワークを形成していることになります。

このマヤランが咲くのは、これらの生きもののつながりが保たれている証拠、とも言えるわけです。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2017 All Rights Reserved