モクズガニを茹でたら・・・

20111025_04

房総でモクズガニといえば、生のまま臼などで殻ごと砕いたものを濾し、熱を加えてスープにする”カニコ汁”という郷土料理が有名です。

モクズガニ食べ方
有機農家の先輩、うなうさんのブログから

さっそくうちも、カニコ汁を!といきたいところですが、生のまま調理すると、寄生虫(正式にはウエステルマン肺吸虫)の処理がめんどうなので、手軽に塩ゆでして食べることに。きれいに真っ赤に茹で上がりました(上の写真)

ちなみに、モクズガニは、上海蟹(標準和名:チュウゴクモクズガニ)と同属のカニです。どうりで美味しいわけです。

両種を区別する識別点の1つが額の棘の形(赤い四角の部分)。

  • モクズガニ:ゆるやかに波打つ
  • 上海蟹:鋭く尖る(参考ページ

ここを見ると、しっかり区別することができます。上海蟹を食べる機会があれば、この部分をチェックして見て下さいね。

では、モクズガニの中身を見てみることにしましょう。

今回捕獲したのは、産卵期目前で旬を迎えたメスの個体。中には紅色のきれいな内子が真ん中に見えます!
20111025_06
これを待ってました。

黄土色の濃厚なミソもたっぷりと。
20111025_09

正直このミソが食べられれば満足ですね。
口の中に含むと、強烈な甘みと旨味がダイレクトに広がります。
身も美味しくて大事に食べますが、量はそんなに多くありません。

次回は、この蟹味噌を使った簡単レシピをご紹介します。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved