クコの新芽の胡麻和え

20120401_109

この時期手軽に手に入る山菜の1つがこのクコの新芽。

中国原産のナス科の低木で、昭和40年頃に健康ブームとして、このクコが大流行しました。その名残りで、今でも畦道の脇などによく生えているものを見かけます。

ただ、アブラムシなどの虫の害を受けやすいので、状態のいいモノをよりわけるのには苦労します。

新芽はゆがいてそのままお浸しでもいいのですが、ちょっと苦味が強いので今回は胡麻和えに。これが大正解。

クコの風味を残しながら、きつい苦味が和らげられて、春を感じる美味しい一皿に仕上がりました。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. クコの実って確かに中華の食材とかで乾いたやつみかけますが、新芽も食べるんですね~。

    ナス科の赤い実っていうとオオマルバノホロシ(オゼナス)を思い出しますが、雰囲気はあんな感じなんですかね?(あれは草本ですが・・・)

    そういえば普通のナスも根元部分が結構木質化してきたような・・・。

    • 冬将軍さん

      形は本当にそっくりですよ。
      クコの果実の写真

      新芽も美味しいですね。
      葉、果実、根を薬用として用いるそうです。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved