空に伸びる巨大なダンチク

danchiku

南房総の海岸近くの道脇、そのような場所で巨大なイネ科の草が生えているのをよく目にします。

その植物は、ダンチク(Arundo donax)。

トビが飛び交う青い空に向かって、ダンチクの幹がすっくと伸びています。
高さが2〜4mにもなる群落が生い茂る様はとても迫力がありますね。

熱帯アジア〜台湾〜日本にかけての沿海地に分布している植物で、ここ南房総が分布の北限に当たります。(先日、ブログで紹介したハマオモトも南房総が北限の植物。このような分布のパターンを示す植物は意外と多い)

個人的にはこのダンチクを見ると、南房総、中でも内房寄りの海岸にやって来たなぁと強く感じます。

温暖な南房総の海岸沿いの気候を特徴づける植物です。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved