お気に入りのカレンダー

P20140050101

まだまだ、寒い日が続いていますね。
ただ、日に日に光の強さが増してきて、本格的な春が刻一刻と近づいていることを感じます。

今年2011年もはや1ヶ月半が過ぎてしまいましたが、今日はお気に入りのカレンダーのご紹介です。

「支え support」とタイトルのこのカレンダーは、写真家の重田吉晴さんから頂いたもの。
事あるごとにカレンダーをめくっては、写真を見返して、楽しんでいます(カレンダーというよりは、1冊の写真集のように)。

重田さんからご了解を頂くことができたので(重田さん、ありがとうございます!)、カレンダーの中身をちょっと覗いてみましょう。

P20140060203

千葉県富津市で撮影された4月の写真です。

山の中腹で咲き誇るオオシマザクラの大木の情景。これぞ、房総の丘陵地の春!といった光景です!オオシマザクラは葉っぱの展葉と開花が同時なので、鮮やかな新緑の緑と白~薄紅色の大輪の花とのコントラストを楽しむことができます。

小さい頃から見慣れていることもあり、自分が一番好きな桜の樹種でもあります。今年の春は、房総の山々を巡って、自分でもこんな情景を見つけてみたいものです。

P20140100302

そして、北海道浜中町で撮影された3月の写真。

さすが北海道、牛の道路標識があるんですね。千葉も酪農が盛んな県の1つですが、さすがにこのような標識は見たことがありません。

それにしても、この写真の立体感はすごいです。

地元の自然やいきものに真摯に向き合っている重田さんのような方々とのつながりができて、本当にうれしいですね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2017 All Rights Reserved