春の香りを味わう~蕗とベーコンのパスタ~

気温が20℃を超えるようなぽかぽか陽気の日があったと思ったら、次の日は真冬のような寒さに凍える・・・そんな気温の変化が激しい日々が続いていますね。

ただ、行きつ戻りつがあっても、本格的な春が近づいて来ているのは、新玉ねぎの”玉”の部分が日に日に大きくなることや、圃場に生えているミドリハコベ、ホトケノザといった植物たちの急激な伸び具合から伺い知ることができます。

春が近づいて来ると楽しみになるのが山菜です。

独特の苦味と香りで春を感じさせてくれる山菜の代表格の1つがフキノトウです。

家のそばにある丘陵地の登山道の法面で見つけたフキノトウ。ちょっとつぼみが開き気味ですが、これくらいでも十分春の香りを味わうことができます。

今回、フキノトウの写真をじっくりと撮影してみて、蕾の造形の美しさを再認識させられました。今まで見過ごしていたようなことに気づくことも写真を撮る醍醐味の1つですね。

収穫したフキノトウはどのように調理したかというと・・・

パスタにしてみました。

大学の頃、先生が作ってくれたフキノトウとベーコンのパスタの美味しさが忘れられず、フキノトウが採れる時期になると必ず1回は食べる定番メニューです。上の写真のパスタは、嫁さんではなく自分が作りました(ベーコンの切り方が不揃いなのはご愛嬌ということで)。

さて、このパスタのレシピですが、作るのがとても簡単です。

  1. オリーブ油でベーコンとにんにくを炒めて香りをだす
  2. フキノトウを入れて軽く炒める
  3. 茹で上がったパスタを加えて、塩・コショウで味を整える

フキノトウが出回るこの季節、パスタで春の香りを味わってみてはいかがでしょうか。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 長野もようやく最近「ふきったま」取れだしました。
    春の味ですよね~。

    フキノトウパスタきれいですね~(色)^^
    フキノトウは色が変わりやすいけど、何か秘訣が?

  2. 冬将軍さん

    フキノトウは、まさに春の味ですね。

    色が変わらない秘訣・・・、

    切ったらすぐに調理する!調理したらすぐに食べてしまう!!

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved