うちにも”クマソ”がやってきた!

 pa214865.jpg

南房総ほんまる農園は南房総市の三芳地区(旧三芳村)にあります。合併前、安房郡内の自治体の中では、唯一、海岸に面していないことで有名でした。

そんなちょっと海から離れている地区にあるほんまる農園でも、例のあの蝶、クロマダラソテツシジミがたくさん見られるようになりました。うちで見られるようになった時期は、10月中旬頃からです。

海沿いの地域から内陸部へも分布が拡大している模様です。

pa214863.jpg

上記の2枚の写真はどちらも雄の個体です。

ちょっと紫色がかった青色が渋い、クロマダラソテツシジミの雄です。

気温が低くなってきたからでしょうか、午前中には砂利や鉢植えの植物の上等の日当たりのよい場所で大きく翅を広げて日光を浴びている姿をたくさん見ることができます。

低温型の雌の翅表の青色がきれいとのことなので、これから是非撮影してみたいです。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 蝶はすぐひらひら飛んでしまうので、撮影が難しそう…。
    なにかコツでも?

  2. 冬将軍さん

    下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!です。
    デジタルな時代になったからこそできるんですけどね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved