エビガライチゴの花のあと。

P6080594160608_161129

山地性のキイチゴ属の1種、エビガライチゴ。
房総丘陵に点在していますが、あまり数は多くありません。千葉県内では、三芳地区が分布の南限です。

枝、茎や萼に赤紫色の長い腺毛があるのが、最大の特徴。この様子がエビの殻に似ていることが名前の由来となっています。言われてみれば、イセエビの殻に似ていなくもないかも。

上の写真は蕾ではなく、花が終わったあとの状態。花が終わるとに、萼片が再度閉じて、熟するまで果実を保護します。

P6080597160608_161319

この株も見つけた時よりも、大分大きく育ってきました。真っ赤な果実が熟する頃に、また、再訪しようと思います。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved