北へ向かう春の渡り鳥が、うちの田んぼに舞い降りてくれました

水を入れ始めたうちの田んぼ。

よく見ると、シギ類の仲間の鳥、ムナグロ(Pluvialis fulva)がいます。
P427080320160427

シベリア方面に向かう、春の渡りの途中で立ち寄ってくれました。今日観察できたのは、10匹程度の群れでした。

P427080620160427

夏羽の模様が、顔〜胸〜腹部にかけての部分が黒くなるのが和名の由来。
P427086320160427 (2)

今回の群れの中には冬羽から夏羽へ変わる途中の夏冬中間羽の個体(中央部)も混じっていました。眼の上の部分から首まで白色の部分ができつつあり、胸にも黒い翅が混ざってきています。
P427078920160427

田面で食べているのは、主にミミズ。中央の個体の嘴に、土の中から引きずり出された大きなミミズがいます。栄養補給をしっかりして、北への大移動の旅を無事に乗り切ってほしいです。
P427083720160427

渡り鳥の中継地としての水田の重要性は昔から指摘されていますが、実際に自分の田んぼに来てくれると、やはりうれしいものですね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved