ヤツデの葉裏で見つけた卵

P217015220160217
暖かい日が来たと思ったら、また逆に真冬の寒さ。

そのような寒い日でも、ヤツデの裏を見ると、越冬中の小さな昆虫たちを見つけることができます。

この卵はアオモンツノカメムシのもの。1つ1つの卵の大きさは約1mm程度。
40個程が1つの塊になって、産み付けられています。
産卵されてから日が浅い卵の色は、上の写真のような濃いグリーン色をしています。

P217018920160217
幼虫が孵化する直前には淡い薄グリーン色へと変化します。
卵に見られる赤い点は、透明な殻の中にいる、幼虫の複眼の部分です。

P217020720160217
一部の卵塊では、既に幼虫が卵から出てきているものも観察できました。

春に向けて、虫たちも着実に動きはじめています。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved