地這いキュウリ

今、農園で採れている夏野菜を紹介します。

地這いキュウリです。

rimg3215.jpg

普通のキュウリの場合は、支柱にネットを張り、そこにつるを這わせます。

一方、この地這いキュウリはその名前の通り、地面につるを這わせます。

rimg3222.jpg

普通のキュウリよりも、身が柔らかくて、甘みがありますね。

うちでは、スライスして、何もつけずにそのままの素材の味を楽しんでいます。

rimg3225.jpg

最後は巻きひげを一生懸命伸ばしている地這いキュウリです。

生命力を感じます。

6 total comments on this postSubmit yours
  1. ほ~同じきゅうりでも、生育の仕方で味とかやわらかさって変わるんですね~。へ~へ~。

    地這いだと場所取るから、生産性だけ考えた農業では絶対やらないんでしょうね。

    支柱きゅうりよりも収穫も大変かな?

  2. 冬将軍さんのおっしゃる通り、地這いの方が場所は取りますね。

    でも、もっと重要なのが、キュウリの見た目が悪くなりやすいということです。曲がり果の割合が多くなるのと、地面についた部分が白くなってしまうのです。

    しかし、地這いキュウリは、地面を葉っぱが覆うので乾燥に強い、葉っぱが太陽を受ける面積を広くできるという利点があり、キュウリが元気に育ちます。

    収穫の方は、腰を曲げての収穫になるので、地這いキュウリの方が大変ですね。(うちでは栽培している面積が狭いので、それ程の違いはありません。)

    柔らかくて、みずみずしい地這いキュウリ、ここのところ毎日日うちの食卓にのぼります。

  3. なるほど~。

    ってことは一般的な出荷用には向いていないので、あまり巷では
    聞かないんですね。

    各家庭単位で密かに楽しんでいる感じですかね~☆

  4. そうですね。

    病害虫に強いので、家庭菜園や農家の自家用でよく見かけますね。

  5. そうだったんだ!
    昔、祖母が育てていたのも地這いでした。(もちろん出荷はしてなかった)
    私はそれが一般的だと思っていました。
    でも考えてみたらTVでみるキュウリ農家のは支柱にネットだもんね。
    そうか・・・ふ〜む・・・

    (おいしくいただいております!)

  6. サワガニご飯さん

    先日はお世話になりました。

    みてくれは悪いですが、地這いキュウリの方が作りやすく、キュウリ自体がみずみずしくて、おいしいです。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved