Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

殺風景な冬枯れの中に咲く、大輪の黄色い花。ツワブキ(Farfugium japonicum)です。

初冬から遅くとも年明け頃までで花が咲き終わることが多いのですが、今年はまだ咲いている個体もちらほら見られます。
今は、咲いている花から、熟した果実の状態までの色々な段階を観察することができますね。

花が終わった状態がこちら。
Farfugium japonicum

大きな黄色い花弁がくるくると縮れており、中心部の筒状花も色褪せています。枯れの美しさがありますね。

冠毛が伸びて、熟した果実が散布される直前のもの。

Farfugium japonicum

冠毛の隙間から、熟した果実を垣間見ることができます。
冠毛も、身近に見られる同じキク科のセイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)などよりも、力強い印象がありますね。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 小さい植物のマクロな写真が多かったので、なんだかツワブキの花も小さく感じる。。。(^^;

    • 確かにスケールの感覚がわかりにくくなるかもですね。。。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved