テスト撮影

20130109_22

今年は、農園の圃場や周辺の環境に生息しているいきものを、じっくりと腰を据えて観察し、その様子をブログを通じて発信していきたいと思っています。

まずは、花の構造やアブラムシなどの微小な構造を撮影する機材を導入。といっても、今ではあまり顧みられない中古の機材が中心。新しいものよりも古い機材が優れている事例があるのがおもしろいところ(レンズやベローズなどの機材については、一度嵌り込むとなかなか抜け出せない、深遠な沼がいたるところにあるので注意が必要です!)。

まずは、手持ちで庭のコハコベの花を撮影したものが上の写真(トリミングしています)。3つにわかれた白いものが柱頭で、柱頭の先端部の突起の微細構造を確認することができます。これぐらい写ってくれれば、文句はないですね。

雄しべの先の花粉の粒の様子もわかります。

Stellaria media

シーズン・インに向けて、冬の間にピント合わせの技量を磨くとともに、ライティングなど、もう少し詰めていきたいです。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. まさに虫の目線ではこんな感じなんでしょうね~(色は無いだろうけど・・・)。

    こんなに小さいとピント合わせるの難しそう。。。(^^;

    • 冬将軍さん

      感知できる光の波長域が違うので、色味は違うでしょうけれど、これに近い光景を目にしているのでしょうね。

      ピント合わせは大変ですが、カメラのライブビューで拡大表示ができるので、それに助けられています。
      ここのところのカメラの技術革新はすごいですね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved