暖かい南房総で冬越し

オオキンカメムシ

一度見たらなかなか忘れられない、いきものっていませんか?
特徴的な形だったり、とても目立つ色をしていたり・・・。
今日紹介するカメムシもそんな虫の1つかもしれません。

この虫は、オオキンカメムシ(Eucorysses grandis)といいます。こんな目立つ模様をしていながら、大人の親指ほどの大きさがあります。

ヌメッとした独特の光沢があります。
20120221_17

さらに、お腹側は虹のような色彩模様があります。

20120221_20

このオオキンカメムシは、冬になると暖かい南部の地域に移動し、その地域の日当たりの良い林の中に集まって集団越冬することが知られています。ここ南房総も集団越冬が見られる地域として有名です。

この写真は、今週末の里山学校(NPO南房総リパブリック主催)の下見で見つけた個体を撮影したもの。温暖な南房総の冬を代表する大きくて目立つカメムシ、里山学校の中で見つけてくれる子がでてくるかもしれませんね。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. カメムシというと、あの緑色のやつを思い浮かべてしまいますが、こんな派手なのもいるんですね。
    親指くらいって、結構でかいかも。

    やっぱりくさいんですかね?

  2. 冬将軍さん

    実は全然臭くありません。
    模様と色で、毒があることをアピールする系ですね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved