冬の日差しと大ソテツ

20120204_21_01

先日、ワークショップの打ち合わせで、同じ地区内の冬の里山を散策してきました。

今年の冬の寒さは厳しく、南房総でも氷点下5℃を下回る日も。そんな中でも、梅の花はほころび、トウダイグサが咲いていたりと、すぐそこに来つつある春の訪れも感じることができました。

写真は、里山の林をバックに、エントランスでいつもみんなを出迎えてくれる大きなソテツを撮影したもの。傾きかけた冬の日差しのおかげで、良い雰囲気に仕上がりました。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 最高気温が零度前後の状態が続く長野では、ソテツどころかシュロさえあまり見かけないので、なんだかとっても南国情緒たっぷりの里山って感じです。

    全国津々浦々、里山のイメージって似て非なるもの、なかなかおもしろいですね。

  2. 冬将軍さん

    >全国津々浦々、里山のイメージって似て非なるもの、なかなかおもしろいですね。

    そこが一番おもしろいところなんですよね!

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved