田んぼに冬の使者が。

20111210_77trim

家からすぐ近くの、隣の地区の田圃に、冬になるとやってくる渡り鳥がいます。

この鳥は、タゲリ(Vanellus vanellus)という、チドリの仲間です。頭にながい冠羽があり、金属光沢のある緑色がとても美しい鳥です。また、鳴声がかわいくて、「ミューィ、ミューィ」と猫のような鳴声を出します。

20111210_75

5~6匹の小さな群れでいることが多くて、刈り取った後の稲株の間をあるきながら、土のなかをついばんで、中にいるミミズや昆虫などの小動物を食べています。

20111210_76

時々、うちの田んぼのある地区にもやってきて、その愛くるしい姿を見せてくれることがあります。警戒心がなかなか強くて、双眼鏡などがないとしっかりと観察することが難しい鳥ですが、みなさんに是非知って欲しい鳥の1つです。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. チドリの仲間もいろいろなんですね~。

    イメージはもうちょい白黒灰色の地味な色合いのイメージが強かったのですが、
    こいつは緑っぽい金属光沢と冠羽がなんとも自己主張してますね!
    ちょっと異国情緒あふれる感じ?

    渡り鳥は地球のつながりを感じさせてくれます。

  2. 冬将軍さん

    確かに、おっしゃる通り、よく見る、コチドリとかメダイチドリとかの羽は、灰色ですよね。
    よくこの小さい体で、あんな長距離を移動できるものだと思いますね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2017 All Rights Reserved