朝のリバサイでゲット。

20111024_32

秋の朝霧がたちこめる中、軽トラックを運転して、近くのリバサイへ。

最高の朝焼けが出迎えてくれました。朝日が反射して、きらきらと光る川面を眺めながら、目的地を目指します。

今回の目的は、コレ・・・カニカゴ。

20111024_33

夕方に仕掛けて、朝に回収するのです。

中に入っているのは、コレ!。

20111024_43

秋の9月~10月にかけて、産卵のために川を下るモクズガニ。

台風のような大雨が降ると、その流れに乗って海へと向かいます。濁流の中を、たくさんのカニが海へと流れていく光景を思い浮かべると、ふだんの川の流れがより一層愛おしく見えてきます。

今回の成果ですが、内子が絶品のメス2匹をゲット(数が少ないですね)。泥抜きをして、食すのがこれから楽しみです。

4 total comments on this postSubmit yours
  1. 山奥にいるとサワガニくらいしか目にしませんが、房総半島は海あり、海の近くの川ありで、こんなカニも捕れるんですね~。

    確か上海蟹の仲間でしたっけ?(V)o¥o(V)

    ってことはおいしいんだろうな~ ( ̄¬ ̄) じゅ るっ

    • 冬将軍さん

      そうそう。同じモクズガニ属(Eriocheir属)です。

      上海蟹=チュウゴクモクズガニ(Eriocheir sinensis
      モクズガニ(Eriocheir japonica)

      かなり上流部まで移動するようで、長野でも千曲川や諏訪湖で確認されたこともあるようです。

      身はあまり食べられるところは少ないんですけど、カニ味噌がね、と~ても美味いんです。
      記事で紹介しますね!

  2. これ、四万十川で食べたかにと一緒だとおもいます。
    味が濃くて、上海がにに近かったですね〜。
    いいなあ、そういう生活。
    修行させてもらいたい。

  3. おおにしひとみ さん

    四万十川のモクズガニは有名ですよね!

    やっぱり同属なので上海蟹と同じ味かと思います。

    プチ狩猟採集は、生活を豊かにさせてくれますね。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved