トノサマバッタ2011

20111016_25

10月も半ばに入り、大分、気候が秋らしくなってきました。

農道を歩いていると、たくさんのバッタが飛び出してきます。今日は、そんなバッタの中から、トノサマバッタの写真を紹介します。

トノサマバッタは、人間が近づくと、すぐにはるか彼方へ飛び立っていってしまうので、時間をかけて粘らないと撮影するのが難しいです。ただ、交尾している個体は動きが緩慢で、飛び立ってもそう遠くまでは飛んでいかないので、比較的撮影しやすいです。ちなみに、上の小さい方がオス、下の大きい方がメスです。

この時は、太陽の陽射しがまだ強い日中の時間帯だったので、娘と嫁さんの2人に影を作ってもらいながら、撮影しました。背景がアスファルトというのがなんとも趣に欠けるのですが、なんとかバッタの細部は観察できますね。

ブログを見返してみたら、2009年にも褐色型のトノサマバッタを撮影していたようです。当時は、ベストショットだ!と思って紹介した記憶があるのですが・・・。

3 total comments on this postSubmit yours
  1. う~む、写真の腕上がったんじゃないですか?d(^_^)

  2. 確かに味気ない背景ですが、観察にはもってこいですね。

    ちなみにアスファルトではなく、コンクリート舗装にも見えますが・・・。

    • 冬将軍さん

      ちょっとは、成長したのかもしれません(機材が良くなっただけかも・・・。)

      あっ、コンクリート舗装でした。失礼しました。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved