2011年の新米販売を開始しました

20110904_10

ふだんと変わらないお米づくりができることのありがたさ

まだまだ暑い残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。朝と夕方はぐっと過ごしやすくなってきたものの、昼間の暑さはまだまだ応えます。

稲刈りがこれから始まるという9月の初旬に大きな台風がやってきて、不安定な天候にやきもきさせられましたが、やっと今週、すべての稲刈りを終えることができました。刈り遅れになることなく、一番いい時期に収穫することができてほっと一安心しております。

3月に発生した震災と原発事故により、農業をはじめとする第一次産業へ大変深刻な被害が生じた今年ほど、いつもと変わらずに、実りの秋を迎え、お米を収穫することができることのありがたさを、感じた年はありませんでした。

今年のほんまる米はさらに美味しくなりました

南房総ほんまる農園では、これまでにも色々な栽培方法の工夫をしてきました。今年のほんまる米は、より美味しいお米を目指して、栽培方法に、さらに2つの大きな改良を加えました。

  1. 苗を育てる土を選定し直し、有機質肥料だけを含む育苗培土で苗を育てた
  2. 田んぼに散布する肥料のタイミングを変更し、お米が実る時期にできるだけ田んぼの窒素成分を少なくするようにした(窒素成分が多いとお米のタンパク質含量が多くなり食味が低下する)

お米の収量よりも、味を良くするにはどうすればいいのかに重点をおいて、栽培を行いました。おかげさまで、手前味噌ですが、去年のものよりも味が良くなっているように感じます。

ご注文は南房総ほんまる農園ショップで

南房総ほんまる農園ショップ
ほんまる米のお買い求めはこちらから!

農園の旬のお野菜がついてくる、お得な年間予約のお申し込みはこちらからどうぞ

2 total comments on this postSubmit yours
  1. なずなちゃんの足がもっちりとして美味しそうです(^^)

    こんなに繊細に育てられたお米を食べるようになったら、もっともっちりおいしそうになりそうですね(  ̄ー ̄)

    • 冬将軍さん

      太もものあたりが、なんだかね・・・。
      最近では、離乳食というか、大人の一緒のご飯を一緒に食べてます!

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved