鬼瓦の意匠

Onigawara

今、暮らしている母屋は、築80年程経つ昭和初期に建てられたものです。建てられた当時から、ずっと変わらず家のてっぺんに据えられているのが、この鬼瓦です。

すっきりと晴れた青空をバックに、朝日を浴びた鬼瓦。いぶし銀のいい味がでています。

調べてみると、この形は、覆輪鬼瓦の一文字型と呼ばれるタイプに近いですね。

瓦の図鑑
色々な瓦の種類・バリエーションを調べることができます

うちの屋根はオーソドックスな寄棟造で、多少勾配があるため、鬼瓦は柄振台と呼ばれる台の上に据えられています。

屋根の形の種類~住宅デザイン

上の写真で、波の形の装飾がある台がそれです。火事を立浪でおさえるという、火災よけの願いを込めてこのような装飾がされるとのこと。このデザインは、今見てもとても素敵だと思います。

長い年月の間、強い陽射しや雨風に耐えてきた、風情のある鬼瓦。このような、時を重ねてきたモノも、大事に受け継いでいきたいですね。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 瓦って改めてみると本当に種類豊富なんですね~。最近の家の瓦はそういう意味では個性がない。我が家もそうですが。。。

    瓦も文化。

    大量生産だけではなく、こういった意匠性も気軽に取り入れられるような仕掛けを、瓦業界の人には期待したいです。

    • 冬将軍さん

      瓦も文化、そうなんですよね。
      地域ごとに違いがあるのもおもしろいですよね。中国地方の石州赤瓦の民家のある田舎の風景なんかも大好きです。

      最近、車で走りながら、古い民家の鬼瓦を観察しているんですよ。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2017 All Rights Reserved