秋まき野菜はタイミングが大事

今日はナバナの種まき第2段。花かんざしという中生の品種を10a分の面積、植えました。

ナバナは、10aぐらいの面積ごとに、時期をずらしながら、種をまいていきます。出荷調整作業に時間がかかるため、このような方式をとります。一度にたくさん採れても、さばききれないので。

この時期、種をまく時期が1週間ずれるだけで、収穫開始時期が半月ぐらい違ってきます。秋まきの野菜は種まきのタイミングとても重要です。

p1010023.jpg

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 春のイメージのナバナも、房総では秋にもつくれるんですか!
    驚きの光景ですね(写真は春先かな?)。

    長野県の飯山の方ではコスモスが真っ盛りでしたが(^_^;

  2. このナバナの写真は今年の春のものです。
    すいません。説明不足で。
    さすがに、房総でも今の時期このような光景は見られません。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved