レンゲが発芽しました

5日の投稿でふれましたが、今年からのほんまる農園の取り組みとして、稲刈り後の水田にレンゲを播種しています。

このところ雨がほとんど降っていなかったので、心配しましたが、無事に発芽してくれました。

レンゲの実生の様子。

rimg0298.jpg

子葉と第一葉をつけた実生を拡大した写真がこちら。

十円玉の大きさと比べてみて下さい。かなりちいさいことがわかると思います。

rimg0297.jpg

実際に水田に撒いているレンゲの種の写真です。

rengeseed.jpg

長辺の長さが2mm程度のとても小さな種子になります。

CCD方式のスキャナの上に種子を置き、高解像度でスキャニングすることで、このような小さな種子でも拡大してみせることができます。

この方法は大場達之先生が開発された”スキャノグラフィー”と呼ばれる手法です。千葉県植物誌の図版にはこのスキャノグラフィーで得られた画像がふんだんに使われています。

レンゲのこれからの成長が楽しみです。

2 total comments on this postSubmit yours
  1. 最近のスキャナーはすごいですね。
    2mmの種をこんなに大きくしても、細部までしっかりわかります。

    レンゲの種って、マメ科だけに、どこかソラマメとかにも似ていますね。

    よい天然肥料になってくれるといいですね!

  2. >最近のスキャナーはすごいですね。
    >2mmの種をこんなに大きくしても、細部までしっかりわかります。

    そうですね。本当にすごいことだと思います。
    これから、色々な植物のスキャナー画像を紹介していく予定です。
    お楽しみに。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2018 All Rights Reserved