色々な”青”を楽しむ

台風一過の25日の午後、イベントの展示用に使うススキの穂を採集しに行った道すがら、いつもの海岸に立ち寄りました。

千草色、瓶覗、花浅葱、新橋色、群青色、水色、空色・・・。

日本の伝統色―その色名と色調」を見てみると、微妙に変化する”青”色を表現する言葉が、古の時代から数多く存在してきたことがわかります。

台風一過の海岸で、そんな色々な”青”を写真に写し込んでみました。

透き通った秋の空の”青”と鏡ヶ浦の海の”青”との対比(嫁さん撮影)。

今度は、南房総を代表する植生である照葉樹林の”緑”と対比させてみます。

空の”青”が深いと、雲の質感も違って見えてきます。

こんな色々な”青”さを楽しめるような、ゆったりとした気持ちにさせてくれるのが、南房総の良いところなのかもしれません。

新しいコメントを記入する

Please enter your name

(必須)

正しいメールアドレスを入力して下さい

(必須) - 非公開 -

メッセージを入力して下さい

ほんまる農園のFacebookページ

私達が作っています

紅葉の房総丘陵にて

NPO活動にも参加しています

南房総リパブリックは、里山学校・市民農園・コミュニティカフェ等の活動を通じて東京都と千葉県南房総とを結び、2地域間のコミュニティの活性化及び南房総の里山保全を目指すNPO法人です。

南房総ほんまる農園 © 2019 All Rights Reserved